医療法人 岡山画像診断センター Okayama Diagnostic Imaging Center

086-235-2511 86-234-5633

大腸CT検査(CTC)CT Colonography

大腸CT検査はCTを使った新しい大腸がんの検査です。
通常のCT検査では大腸内の病変をみることはできませんが、前処置で大腸内をきれいにし、さらに炭酸ガスで大腸を拡張させることで、CTで大腸がんの検査をすることができます。検査時間は15分程度です。大腸がんを心配されている方、大腸内視鏡検査が苦手な方など多くの方に、楽に検査をしていただくことができます。

検査の流れ

1 事前説明
検査前に来院していただき、
前処理や検査の説明を行います。
2 前処置
検査前日から専用の食事、バリウム、
下剤の処置があります。
3 検査当日
指定の時間に来院してください。
4 更衣
検査衣に着替えをしていただきます。
5 鎮痙剤注射
大腸の動きを抑えるために
筋肉注射をします。
6 炭酸ガス注入
チューブを肛門より数cm挿入して、
大腸内に炭酸ガスを注入します。
7 撮影
大腸が拡張した状態でCT撮影をします。
8 終了
検査終了です。
検査結果は後日郵送いたします。

診断 Diagnosis

大腸の3次元画像解析
CT検査で得られた多くの画像から大腸専用の解析を行います。
専用の3次元画像解析を行うことで、大腸全体をくまなく観察し、病変を発見することができます。
※他の検査で大腸癌を疑う所見のある方が対象です。
ページトップへ